インフラファンド | ページ 2 | ひろにの投資計画

インフラファンド

インフラファンド

【太陽光発電】固定価格買取制度(FIT)の買取価格と今後の動向について

このブログ記事は太陽光発電の収益元であるFIT制度の動向と新しく始まるFIP制度について紹介しています。 FIT制度による買取価格が年々下がり不安に思っていませんか。 実は2022年度よりFIP制度が始まり、供給量を制御して高い収益が見込めるようになります。 太陽光発電投資3年の筆者が解説します。
インフラファンド

【インフラファンドの買い時】3つの購入タイミングについて

このブログ記事ではインフラファンドが割安で購入しやすい買い時を解説しています。 個別銘柄は購入タイミングが重要ですよね。 実は市場価格を常に見ていなくても割安な買い時が3つあります。 2018年からインフラファンドに投資している私が実践している購入タイミングを紹介します。
インフラファンド

【インフラファンド】九州電力の出力制御の影響について

このブログ記事では九州電力の出力制御(太陽光発電の停止処置)がインフラファンドに与える影響を解説しています。 出力制御が行われるとインフラファンドの収益が減ってしまいます。 でも、出力制御は無制限に行われるわけではありません。 インフラファンドに多く投資している筆者が現状を紹介します。
インフラファンド

【インフラファンドの今後】7銘柄の今後の利益を3つの視点で比較

このブログ記事ではインフラファンド7銘柄の今後の利益を借入金、FIT、減価償却の3つの視点で比較しています。 インフラファンドのどの銘柄が利益を上げていけるのでしょうか。 4つのインフラファンドに投資している私が7銘柄の今後の利益を比較してみました。
インフラファンド

【インフラファンドの動向】7銘柄の特徴比較と発電実績を分析

このブログ記事ではインフラファンド7銘柄の太陽光発電所の地域分散状況や発電実績を比較しています。 どのインフラファンドが良いかを判断するのは難しいですよね。 実はどのファンドも発電実績は100%に近く大きな差はありません。 地域分散がそのファンドの特徴となるので分析したデータを紹介します。
インフラファンド

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)の分配金を受領し利回り増加

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人から分配金を受領しました。 同時に資本の払い戻しが行われ取得価格が下がりました。 含み益が出て、分配金利回りが上がりましたので確認してみます。
インフラファンド

エネクスインフラ投資法人(9286)が手元資金で発電所を取得、増資との違い

エネクス・インフラ投資法人が手元資金で太陽光発電所を取得しました。 一般的にインフラファンドが太陽光発電所を取得する場合は増資を行います。 手元資金で取得できれば投資口1口あたりの価値が向上しますので確認してみました。
インフラファンド

【インフラファンド】利益超過分配金とは、取得単価により損得が変化する

このブログ記事では、インフラファンドにおける利益超過分配金とは何かを紹介しています。 利益超過分配金は結局の得なのか悩みますよね。 実は購入価格により損得が変化します。 2017年よりインフラファンドに投資している筆者が解説します。
インフラファンド

【インフラファンド】インフラ投資法人の3つのリスクと対策を比較

この記事ではインフラファンド(インフラ投資法人)の3つのリスク(天候リスク、災害リスク、出力制限リスク)と対策を比較しています。 リスクがあることは心配ですよね。 インフラファンドはリスクに対してその対応も考えています。 インフラファンド毎の違いも含め解説します。
インフラファンド

【利回り6%以上】インフラファンドが高利回りとなる3つの理由

インフラファンドが高利回りとなる3つの理由を解説します。 固定価格買取制度(FIT)、税制優遇措置、利益超過分配金など