【高配当株】連続増配10年以上の銘柄をスクリーニングしておすすめポートフォリを作る

連続増配株で高配当株ポートフォリオをつくる 日本株(高配当株)

※当記事はプロモーションを含みます。

連続増配株をご存じですか。

連続増配株は年々配当金が増えて行く株のことです。

配当金が増えれば、利回りもどんどん上がっていきます。

連続増配の高配当株があれば、長期的には利回り10%も夢ではないかも。

そのような銘柄を複数組み合わせれば、リスク分散も図れますね。

ひろに
ひろに

でも、どうやって銘柄を見つければ良いのでしょう。

昨年より、日本経済新聞社から連続増配株の指数が発表されるようになりました。

指数の構成銘柄を確認することにより、連続増配株を見つけることができます。

その中から高配当株を選べば、連続増配の高配当株ポートフォリオを構成することができます。

連続増配株で構成するおすすめの高配当株ポートフォリオを作ってみましたので紹介します。

  • 高配当株×増配で利回りUP
  • 銘柄、業種分散で安定性を確保
  • 株価も上がる
PR
PR
連続増配株の魅力
  • 配当利回りが上がっていく
  • 株価の上昇も期待できる
  • 長期的に利益が増加する見通し有

連続増配株とは、保有しているだけで、毎年、配当金が増えて行く銘柄のことです。

配当金がもらえるだけではなく、増えて行くのは魅力的ですよね。

配当利回りも少しづつ上がっていきます。

なお、配当金が増えるとそれを目当てに株が買われるため、株価の上昇も期待できます。

また、配当金を毎年増やすということは、企業が長期的に利益を増やす見通しを持っているとも言えます。

つまり、将来性の高い銘柄である可能性が高いと言えます。

持っているだけで株価が上がり、配当金も増えて行く。

連続増配株は、長期投資家にとって夢の銘柄と言えます。

夢の銘柄、連続増配株はどのように見つければ良いのでしょうか。

企業のホームページなどで、1つ1つ調べて行くのは大変ですよね。

10年以上の配当データを持つスクリーニングサイトもほとんどありません。

でも、2023年から日本経済新聞社が連続増配株指数を算出してくれるようになりました。

この指数の構成銘柄を確認することにより、簡単に連続増配株を見つけることができます。

日経連続増配株指数の算出条件

国内の全上場銘柄が対象
  • 実績ベースの増配を10年以上継続
  • 連続増配の年数上位70銘柄が上限
  • 年1回の定期見直し、6月末に入替え
  • 時価総額ウェート、銘柄の上限5%
  • 2010年6月末を基点として算出

<除外銘柄>

  • 基準日の前3月期までの決算が未発表
  • 対象銘柄のうち時価総額順で下位40%
  • 基準日の直前3か月に売買成立無し有
  • 連続増配回数が10回未満

つまり、日経連続増配株指数は、中大型株で10年以上連続増配している銘柄を選んだものとなります。

2023年6月末に選出された日経連続増配株指数の銘柄です。

銘柄名連続増配
回数
銘柄名連続増配
回数
花王33イー・ギャランティ14
SPK25物語コーポレーション14
三菱HCキャピタル24コスモス薬品14
リコーリース23神戸物産14
ユー・エス・エス23スカラ13
小林製薬21ジーテクト13
トランコム21大和ハウス工業13
KDDI21イエローハット13
沖縄セルラー電話21豊田通商13
サンドラック21長瀬産業13
リンナイ21積水化学工業13
ユニ・チャーム21バローホールディングス13
サンエー20エレコム13
アルフレッサホールディングス19日本ゼオン13
高速19大塚商会13
栗田工業19日本M&Aセンター
ホールディングス
13
ニトリホールディングス19アドソル日進13
ロート製薬19三菱鉛筆13
パン・パシフィック・
インターナショナル・ホールディングス
19JCU13
みずほリース18PALTAC13
芙蓉総合リース18富士フィルム
ホールディングス
13
イオンディライト18テルモ13
ハマキョウレックス17OCHIホールディングス12
NECネッツエスアイ16北陸電気工業12
シークス16青山財産ネットワークス12
コムチュア16住友電設12
GMOペイメントゲートウェイ16山口フィナンシャルグループ12
キッセイ薬品工業15コンドーテック12
アサヒグループホールディングス15日本電信電話12
SBIグローバルアセットマネジメント14上組12
アイカ工業14グローブライド12
ニチアス14光通信12
セントケア・ホールディング14ビジネスブレイン太田昭和12
積水樹脂14日本駐車場開発12
ショーボンドホールディングス14船井総研ホールディングス12
日経連続増配株指数の構成銘柄より引用

日経連続増配株指数は、連続増配数12回以上の70銘柄で構成されています。

最も増配回数が多いのは花王で連続増配回数は33回。

20回以上連続増配している銘柄は13銘柄あります。

連続増配株を選ぶことはできましたが、それだけでは将来も安定的に増配するかはわかりません。

連続増配であっても、配当が少ない(利回りが低い)銘柄は、あまり意味がありません。

そこで、連続増配株の中から、増配を続けて行きそうな高配当株を選び、ポートフォリオを作ってみました。

増配を継続する株をスクリーニング

将来に渡り増配を継続するためには、利益の中から配当を出す余力が十分にあること。

赤字決算が無く、毎年、安定して利益を上げていることが重要になります。

また、高配当株としては、配当利回り3%以上は欲しいところです。

そこで、日経連続増配株指数の銘柄の中から

  • 配当性向50%以下
  • 過去10年間に赤字決算がない
  • 配当利回り3%以上

の銘柄を選んでみました。

コード銘柄業種利回り増配回数
7990グローブライドその他製品3.99%12
8593三菱HCキャピタルその他金融3.92%24
8425みずほリースその他金融3.80%18
3166OCHIホールディングス卸売業3.71%12
7613シークス卸売業3.70%16
9658ビジネスブレイン
太田昭和
情報通信3.69%12
5970ジーテクト金属製品3.66%13
8424芙蓉総合リースその他金融3.59%18
7438コンドーテック卸売業3.57%12
1925大和ハウス工業建設業3.56%13
9037ハマキョウレックス陸運業3.52%17
9882イエローハット卸売業3.46%13
8929青山財産
ネットワークス
不動産業3.46%12
9436沖縄セルラー電話情報通信3.41%21
9432日本電信電話情報通信3.41%12
9433KDDI情報通信3.37%21
9989サンドラック小売業3.35%21
4206アイカ工業化学3.32%14
4204積水化学工業化学3.32%13
2374セントケア・
ホールディングス
サービス3.30%14
8566リコーリースその他金融3.27%23
4205日本ゼオン化学3.26%13
1949住友電設建設業3.26%12
9364上組倉庫運輸3.22%12
6750エレコム電気機器3.11%13
3837アドソル日進情報通信3.11%13
利回りは2024年5月29日時点、Yahooファイナンス調べ

将来的も増配を続けそうな高配当株は全部で26銘柄

平均利回りは3.47%になりました。

連続増配の高配当株ポートフォリオ

連続増配株の高配当株ポートフォリオ

連続増配の高配当株の業種別銘柄数は次の通りです。

  • 情報通信 :5銘柄
  • 卸売業  :4銘柄
  • その他金融:4銘柄
  • 化学   :3銘柄
  • 建設業  :2銘柄

小売業、陸運業、サービス業、金属製品、電気機器、その他製品、不動産、倉庫運輸関連が各1銘柄です。

13業種に分散され景気敏感業種への偏りも無く、理想的なポートフォリオではないでしょうか。

連続増配の高配当株投資

日経連続増配株指数の銘柄から、増配の継続性を重視して高配当株を選んでみました。

連続増配株で高配当株ポートフォリオを組めば、毎年、配当金が増え、利回りも上がります。

株価が上昇し、含み益も増えますので、トータルリターンはさらに大きくなります。

長期投資家にとっては、究極のポートフォリオと言えますね。

連続増配は過去の実績であり将来を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。

投資額が少なくても、増配すれば多くの配当がもらえます。

増配率が7.2%なら、10年後、配当は2倍に!

増配率の高い王道銘柄で配当金を増やして行く戦略を解説しています。