【株主優待】イオンオーナーズカードのお得な使い方 | ひろにの投資計画

【株主優待】イオンオーナーズカードのお得な使い方

イオン株主優待、オーナーズカード日本株(高配当株)

イオン(証券コード:8267)の株主優待としてもらえるオーナーズカードをご存じですか。

イオンで買い物した金額の3%~7%が半年ごとにキャッシュバックされるカードです。

ひろに
ひろに

数ある株主優待の中でも現金がもらえるものは少ないですよね。

もちろん、イオンの株主は株主優待とは別に配当金ももらえます。

これだけでも十分お得な株主優待ですが、イオンオーナーズカードはイオン以外のお店で使えたり、イオンカードと併用できたり、お得な使い方がたくさんあります。

イオンの株主になって7年以上の私がオーナーズカードのお得な使い方をご紹介します。

①キャッシュバックの対象店舗はイオン以外も多数
②イオンカードや他のイオン系株主優待との併用も可能
③映画館では割引&飲み物の引換券がもらえる
スポンサーリンク

イオンオーナーズカードはイオン以外にも対象店舗あり

イオンの株主になると「イオンオーナーズカード」が送られてきます。

イオンで買い物をしたときにこのカードを提示すると、半年ごとに金額が集計され現金が返金されます。

合計100万円までの買い物に対して返金が行われ、返金率は所有する株数により次の通りとなっています。

所有株数返金率
100~499株3%
500~999株4%
1000~2999株5%
3000株以上7%

現在のイオンの株価は約30万円(100株)です。(2021年4月)

ですので、3%のキャッシュバックを受けるのに必要な投資額は約30万円(100株)です。

4%の場合は約150万円(500株)
5%の場合は約300万円(1000株)
7%の場合は約900万円(3000株)

の投資が必要です。

コストパフォーマンスを考えるなら100株所有して3%のキャッシュバックを受けるのが一番良く、私も100株所有しています。

なお、イオンオーナーズカードのキャッシュバックの対象店舗はイオン以外にも多数あります。

主なイオン以外の対象店舗は

<総合スーパー・スーパーマーケット>

マックスバリュザ・ビック フードセンター 
まいバスケットダイエーグルメシティ
 ピーコックストア KOHYOマルカワ
パワーシティ  ホームワイド  

<専門店>
・衣料品ブランドの「ikka」「Current」「LBC」「VENCE」
・靴の販売を行う「ASBEE」


など。

もちろん、「イオンスーパーセンター」「イオンスタイル」「イオンバイク」も対象店舗です。

イオンだけではなく、これらの店舗を含めてイオンオーナーズカードを使うことにより、多くのキャッシュバックを受けることができますよね。

イオンオーナーズカードは家族カードが1枚作れます

いろいろな店舗で使えるイオンオーナーズカードですが1枚しかないと

・家族で出かけたショッピングで別々の買い物がしにくい
・家族が同じ日に別のお店に行く場合は両方で使えない


など、家族で使うには少し不便な場合がありますよね。

イオンオーナーズカードは家族カードを1枚作ることができます。

イオンオーナーズカード、家族カード

もちろん、本人カードと家族カードの利用分は合算でキャッシュバックを受け取れます。

株主本人の以外の買い物でもキャッシュバックが受け取れるなんてお得ですよね。

イオンオーナーズカードはイオンカードなどと併用できます

イオンオーナーズカードは現金以外の支払い方法でもキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックが受けられる支払い方法は

・現金
・WAON
・イオンマークの付いたクレジットカード
・イオン商品券
・イオンギフトカード


です。

クレジットカードやWAONで支払えば、ポイント還元とキャッシュバックの2重取りが可能です。

さらに

・イオン北海道
・イオン九州
・マックスバリュ東海
・マックスバリュ西日本

の株主に送られる「株主様ご優待券」(1000円毎に使える100円の割引券)も併用して使えます。

そして、なんと毎月20日、30日に行われる「イオンお客様感謝デー」の5%offとも併用できます。

つまり、

・イオンオーナーズカードで3%~7%のキャッシュバック
・イオンカード払いで1%のポイント還元
・「株主様ご優待券」で最大10%割引

・「お客様感謝デー」で5%off

を同時に受けることができ、最大23%の割引が可能です。

我が家は食料品を主にマックスバリュで購入しますが、特売品を買ってさらにイオンオーナーズカードなどを使いお得に暮らしています。

イオンオーナーズカードは映画館でもお得に使えます

イオンオーナーズカードはキャッシュバック以外にも次のようなお得な使い方があります。

①レストランでのお会計時10%割引

対象店舗:「四六時中」「SHIROKU」「和ぐるめ」「海の穂まれ」「カフェド・ペラゴロ」
(食券利用店舗やお持ち帰り商品など一部対象外あり)

②旅行会社でのお会計時3%割引

対象店舗:「イオンコンパス」
(パック旅行の基本旅行代金が対象、一部対象外あり)

③映画館での優待料金他

対象店舗:「イオンシネマ」
(オンラインチケット購入は対象外)

など。
この中で、特におすすめなのは「映画館での優待料金他」です。

イオンオーナーズカードを提示するとイオンシネマの映画鑑賞料金が割引になります。

基本料金割引料金
一般1,700円1,000円
大学生1,500円1,000円
高校生1,000円1,000円
小中学生 900円 800円

(映画館により基本料金が異なる場合があります。)

イオンシネマではいろいろな割引料金サービスがありますが、イオンオーナーズカードがあれば、いつでも割引料金で映画鑑賞ができます。

さらにイオンオーナーズカードを窓口で提示すると「ポップコーン又はドリンクの引換券」がもらえます。
(参照リンク

割引価格で映画が見られて、さらにドリンク付きなんてお得ですよね。

以上、参考になれば幸いです。