【分配金が累進】カナディアンソーラーインフラ投資法人(9284)の魅力 | ひろにの投資計画

【分配金が累進】カナディアンソーラーインフラ投資法人(9284)の魅力

カナディアンソーラーインフラ投資法人インフラファンド

減配せずに成長に合わせて増配して行く銘柄を累進配当銘柄といいます。

累進配当は安定的に業績が伸びており、株主還元にも積極的な企業であることの証です。

ひろに
ひろに

配当が減らず増えていくのみというのは魅力的ですね

インフラファンドにもそのような銘柄はないのでしょうか。

インフラファンドの中では、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人が累進配当となっています。

インフラファンドは利益の90%以上を投資主に還元するため、自己成長する余力はあまりありません。

そのような状況でも減配せずに分配金を増やしていくということは様々なアイデアで資産価値の向上を行っているのではないでしょうか。

私も投資しているカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の特徴や将来性について紹介します。

本記事は、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の第8期(2021年6月期)決算説明資料及び資産運用報告の内容をもとに書いています。

  • 太陽光発電の九州の比率は60%以上
  • 予想を超えた場合の収入増加率が大きい
  • 東北及び関東の発電所を増やす可能性大
スポンサーリンク

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の基本情報

項目内容  備考  
上場日2017年10月30日
決算月6月/12月
太陽光発電所数25第3位
パネル出力の合計約184MW第1位
平均買取価格37.5円第3位
格付JCR
スポンサーカナディアンソーラー

(2021年9月21日時点)

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は太陽光発電所の規模が1番大きいインフラファンドです。

太陽光発電所の平均規模(パネル出力の合計÷発電所数)も約7.3MkWと大きく、管理コストを押さえた運用が可能と思われます。

上場来の投資口価格の推移は次の通りです。

カナディアンソーラーインフラ投資法人 投資口価格推移

(Trading View提供のチャート)

また、2021年9月18日時点で

  • 投資口価格:125,400円
  • 予想分配金利回り:5.98%

となっています。

分配金利回りが高く、投資口価格も4年間で1.2倍以上となっており、高配当の投資先としては優秀ではないでしょうか。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の特徴

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は上場来、累進配当を続けています。

利益を内部留保して再投資することが難しいインフラファンドにおいて、分配金を増やしていくためには、きめ細かい資産価値の向上が必要です。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の特徴と資産価値向上の施策を見てみます。

太陽光発電所の九州比率が60%以上

カナディアンソーラーインフラ投資法人 太陽光発電所の地域比率

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は九州地方に60%以上の太陽光発電所を保有しています。

九州地方は日射量が大きい地域が多く、太陽光発電に適しています。

しかし、太陽光発電所が急増し、2018年10月より出力制御(電力会社による発電停止指示)される日が出てきました。

第8期(2020年12月~2021年6月)における出力制御による影響は

  • 出力制御の実施日数:90日
  • 全発電所の合計回数:206回
  • 想定遺失変動賃料:320,420千円
    (予想賃料収入に対する割合:9.47%)

となっています。

出力制御がなければ、+320,420千円の賃料収入があったということですね。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は、太陽光発電所の九州比率が高い分、大きな影響を受けています。

出力制御についてはこちら記事で解説しています。
【インフラファンド】九州電力の出力制御の影響について

オンライン出力制御装置を導入

オンライン出力制御の導入による効果(イメージ)

出力制御による収益の遺失(売電ロス)を回避することはできないのでしょうか。

完全に回避することは難しいですが、オンライン出力制御装置の導入により影響を軽減することができます。

これまでは、出力制御の要請を受けた太陽光発電所は、終日、売電を停止する必要がありました。

しかし、2021年4月よりオンライン出力制御が可能となり、制御装置を設置した太陽光発電所は時間単位の出力制御が可能となりました。

これにより、太陽光発電がピークとなる時間のみ売電を停止することができ、売電ロスを最小限に押さえることが可能です。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は、九州地方に10箇所の太陽光発電所を保有しています。

費用対効果を見ながら順次オンライン出力制御を検討するようです。

対象発電所パネル出力合計
導入済みCS益城町発電所 他2か所約53MW
検討予定CS日出町第二発電所 他6か所約65MW

増加率が高い賃料スキーム

カナディアンソーラーインフラ投資法人 賃料スキームイメージ

インフラファンドは太陽光発電所を資産運用会社に賃貸し、太陽光発電の売電収入をもとにした賃料を得ています。

賃料は、基本賃料と実績連動賃料からなり、

  • 基本賃料:最低保証賃料
  • 実績連動賃料:予想を上回った時の割り増し賃料

となります。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の賃料スキームは、

基本賃料 発電量予想値(P50)×70%-必要経費 
 実績連動賃料  売電収入の100%-必要経費

となっており、実績連動賃料の増加率が高く、予想を上回る発電量が得られた場合には大きな収益をあげることができます。

各インフラファンドの賃料スキームについてはこちらで解説しています。
【インフラファンド】賃料スキームの比較

また、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の一部の太陽光発電所では、特定プレミアム売電契約を締結しています。

これにより、固定価格買取制度(FIT)料金にプラスして収益を得ることができ、潜在的な賃料の増加を図っています。

発電所パネル出力契約先
CS丸森町発電所 2.2MW みんな電力
CS伊豆市発電所 10.8MW ゼロワットパワー
CS益城町発電所 47.7MW ゼロワットパワー
CS大山町発電所(A)(B) 27.3MW ゼロワットパワー
CS日出町第二発電所 53.4MW ゼロワットパワー
CS大河原町発電所 7.5MW ゼロワットパワー

対象の太陽光発電所は6か所ですが、パネル出力の合計は保有する発電所の80%以上となります。

このように、きめ細かい資産価値の向上を図ることにより、分配金を増やすことにつなげているものと考えられます。

分配金の減配が無い(累進配当)

カナディアンソーラーインフラ投資法人 分配金推移

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の分配金の推移を見てみます。

上場後の第2期以降、一度も減配せずに少しずつ分配金を増やしています。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の1期は半年ですが、株式と同じように1年と仮定して分配金をまとめると次の様になります。

  年   対象期 分配金合計 備考 
2018年第2,3期5,950円
2019年第4,5期7,300円
2020年第6,7期7,400円
2021年第8,9期7,450円予想
2022年第10,11期7,500円予想

連続増配銘柄といっても良いのではないでしょうか。

今後の動向、将来性

今後、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人はどのような発電所に投資していくのでしょうか。

第8期の決算説明資料には、30物件、408.7MWのスポンサーパイプラインが紹介されています。

スポンサーパイプラインとは、スポンサー企業などが開発した物件で、優先交渉権を有する等、取得に際し有利な条件があるものを示します。

全て太陽光発電所となっており、設置場所の地域比率は次の通りです。

カナディアンソーラーインフラ投資法人 スポンサーパイプライン地域比率スキームイメージ

これまで比率が少なかった東北や関東に多くのスポンサーパイプラインがあるようです。

この比率で物件を取得していけば、九州に偏っていた地域比率が改善され、バランスの良い状態になりますね。

また、スポンサーパイプラインにあるCS吾妻小富士発電所は、パネル出力も大きく、かつ、買取価格も高い物件となっています。

CS吾妻小富士発電所
所在地福島県
パネル出力100MW
固定買取価格(FIT)36円
物件状況建設中
稼働予定2022年

現在、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人が保有する太陽光発電所の合計パネル出力は約184MWです。

CS吾妻小富士発電所を取得することができれば、一気に資産規模が拡大しますね。

以上、参考になれば幸いです。

2021年3月に実施されたPO(公募増資)についても記事も書いています。
【PO】カナディアンソーラーインフラ投資法人(9284)の公募増資を考える