【つみたてNISA対応】SBI証券で効率良く投資信託を増やす方法3選 | ひろにの投資計画

【つみたてNISA対応】SBI証券で効率良く投資信託を増やす方法3選

つみたてNISA対応】SBI証券で効率良く、投資信託の積立を行う方法投資知識

投資を始める方が、まず最初に行うのが、投資信託の積立ではないでしょうか。

少額から投資でき、商品をきちんと選べば、リスクを抑えた分散投資も可能です。

つみたてNISAを利用して、運用益を非課税にできれば、効率良く資産形成が可能ですね。

ひろに
ひろに

さらに効率よく投資信託を増やす方法はないのでしょうか

最近、投資信託を対象としてポイントサービスを実施する証券会社が増えてきました。

  • クレジットカードの積立額
  • 投資信託の保有残高

に対してポイント付与があります。

資産を増やしているだけなのに、そこにポイントが付くなんて、お得ですよね。

そのポイントを利用して、さらに資産を増やすこともできます。

資産形成は長期が基本です。ポイント利用の差が、福利効果で大きな差になる可能性も。

せっかく投資信託を購入するなら、ポイントサービスを利用して、効率よく資産を増やしましょう。

筆者も実践している、SBI証券で効率よく投資信託を増やす方法を紹介します。

  • 三井住友ゴールドカードがあると有利
  • ポイント付与率の高い投資信託を選ぶ
  • 税金,公共料金の支払いでPontaポイント
スポンサーリンク

クレカ積立を利用する

SBI証券には、三井住友カードを利用して、投資信託の積立を行えるサービスがあります。

毎月、最大5万円までの積立ができ、積立額に応じてVポイントが付与されます。

三井住友カードは10種類以上ありますが、おすすめは次の2つです。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は年会費無料のクレジットカードです。

大手コンビニなどの利用で最大5%のポイント還元が得られるなど、様々なポイントアップサービスがあります。

申し込み対象は、「満18歳以上の方(高校生は除く)」となっており、幅広い方に対応するクレジットカードです。

三井住友カード(NL)はSBI証券でクレカ積立をするなら、まず初めに検討するカードですね。

なお、クレカ積立におけるVポイントの付与率は0.5%で、楽天証券やマネックス証券の1%に比べると付与率が低くなっています。

\新規入会&ご利用キャンペーン実施中!/

三井住友カード(NL)の利点等については、こちらの記事でも解説しています。
【投資信託】SBI証券と三井住友カード(NL)でお得にクレカ積立

三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)は、クレカ積立によるVポイント付与率が1%になるクレジットカードです。

年会費は5,500円(税込)です。

但し、1度でも年間100万円以上の利用があるとその後の年会費が無料となります。

申し込み対象は、「原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」です。

発行には審査がありますが、通常の三井住友カードゴールドの申し込み対象が

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続した収入のある方

であることを考えると、ゴールドカードの中でも対象者は広いと言えます。

三井住友カードゴールド(NL)の年会費が無料であれば、楽天証券やマネックス証券と同等の条件でクレカ積立ができますね。

\初年度年会費無料キャンペーン実施中!/

年間100万円の利用方法に関しては、こちらの記事で解説しています。
【年会費永年無料へ】三井住友カードゴールド(NL)の年間100万円利用法

Vポイントの利用法

Vポイントで投資信託を購入

上記のクレジットカードを利用して投資信託の積立を実施すると積立額に応じてVポイントが付与されます。

ですが、現在、Vポイントで投資信託を購入することはできません。

しかし、毎月のクレジットカードの支払いに充当することができますので、支払いが浮いた分で投資信託を買い増すことができます。

Vポイント分の投資信託を買い増せば、その分、投資信託の増加スピードは増し、効率良く資産形成できますね。

投信マイレージを利用する

SBI証券では、投資信託の月間の平均保有金額に応じてポイントが貯まる、投信マイレージサービスを実施しています。

付与されるポイントは

  • Tポイント
  • Pontaポイント

の2つから選びます。

保有金額の0.25%のポイントが付与される銘柄もありますが、信託報酬の低い銘柄は、最大でも0.05%程度です。

投資するなら信託報酬が低く、できるだけポイント付与率が高い銘柄を選びたいですよね。

人気の米国株式(S&P500)、先進国株式、全世界株式インデックスファンドでおすすめ銘柄を検討してみました。

もちろん、つみたてNISAの対象銘柄です。

米国株式S&P500に投資するなら

投資信託信託報酬ポイント付与率信託報酬-ポイント付与率
eMAXIS slim米国株式0.0968%0.0340%0.063%
SBI・V・S&P5000.0938%0.0220%0.072%

(2022年2月以降のポイント付与率)

米国株式S&P500のインデクスファンド(投資信託)と言えば

  • eMAXIS slim米国株式(S&P500)
  • SBI・V・S&P500

の2つが王道です。

信託報酬は、ほぼ同じですが、ポイント付与率はeMAXIS Slimが少し高くなっています。

SBI証券で米国株式S&P500のインデックスファンドに投資するなら「eMAXIS Slim米国株式」がおすすめですね。

eMAXIS SlimとSBIの両方に投資した場合の運用益を比較した記事はこちらです。
【実際に比較】SBI・V・S&P500とeMAXIS slimはどっちが良いか

先進国株式インデックスに投資するなら

投資信託 信託報酬ポイント付与率 信託報酬-ポイント付与率
SBI先進国株式インデックスファンド0.1022%0.02500%0.077%
ニッセイ外国株式インデックスファンド0.1023%0.03825%0.064%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.1023%0.03650%0.066%
たわらノーロード先進国株式0.1099%0.05000%0.060%

(2022年2月以降のポイント付与率)

信託報酬の低い先進国株式インデックスファンドといえば

  • SBI先進国株式インデックスファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 
  • たわらノーロード先進国株式

の4つが挙げられます。

SBI証券のポイント付与を考慮すると、信託報酬は少し高いですが「たわらノーロード先進国株式」がおすすめです。

しかし、同じ先進国株式インデックスでも、銘柄により投資対象が異なりますので、運用実績なども考慮して選ぶと良いと思います。

先進国株式インデックスファンドの比較記事を書いていますので参考にしてください。
【実際に比較】おすすめの先進国株式インデックスファンドはどれか

全世界株式インデックスに投資するなら

投資信託信託報酬ポイント付与率信託報酬-ポイント付与率
SBI全世界株式インデックスファンド0.1102%0.0220%0.088%
eMAXIS slim全世界株式(オールカントリー)0.1144%0.0420%0.072%
eMAXIS slim全世界株式(3地域均等型)0.1144%0.0420%0.072%
eMAXIS slim全世界株式(除く日本)0.1144%0.0420%0.072%
ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)0.1144%0.0420%0.072%

(2022年2月以降のポイント付与率)

全世界株式インデクスファンドで信託報酬が低いのは

  • SBI全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS slim全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS slim全世界株式(3地域均等型)
  • eMAXIS slim全世界株式(除く日本)
  • ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)

の5銘柄です。

SBI以外は、信託報酬もポイント付与率も横並びです。

先進国株式インデックスと同じように、全世界株式インデックスも銘柄により投資対象が異なります。

銘柄の特徴や運用実績などを考慮して選定が必要ですね。

全世界株式インデックスファンドの比較記事はこちらです。
【実際に比較】おすすめの全世界株式インデックスファンドはどれか

Ponta・Tポイントで投資信託を購入

ポイントで投資信託を購入

SBI証券では、PontaポイントとTポイントで投資信託を購入することができます。

ポイントを購入額の一部に充当することも可能です。

通常、ポイントカードやクレジットカードで付与されたポイントは、新たな買い物などの支払いに当てることが多いですよね。

でも、ポイントで支払った分にはポイントが付かないことがほとんどです。

だから、ポイントは投資にまわして、買い物の支払い全てにポイントが付いた方がお得です。

Pontaポイントを貯めるならリクルートカードがおすすめ

Pontaポイントを貯める方法は多々ありますが、私のおすすめは、リクルートカードで税金や公共料金を支払うことです。

リクルートカードは

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.2%

のクレジットカードです。

どこで使っても1.2%のポイント還元で、税金や公共料金の支払いについても同じです。

税金や公共料金のクレカ払いは、ポイントが付かなかったり、還元率が下がったりするクレジットカードもあります。

でも、リクルートカードなら

  • 自動車税、地方税、国民年金
  • 電気、ガス、水道料金

などの支払いでも、還元率1.2%でポイントが貯まります。リンク

ポイントはリクルートポイントとなりますが、Pontaポイントに交換が可能ですので、SBI証券で投資信託の購入資金にあてましょう。

\最大6,000円分ポイントプレゼント実施中!/

Tポイントを貯めるなら2重取りを意識

Tポイントを貯めるなら、ポイントの2重取りを意識しましょう。

Tポイントが付与される、

  • 書店
  • コンビニ
  • ガソリンスタンド

などの支払い時に、ポイントカードを提示して、さらに三井住友カードなどで支払うとポイントの2重取りが可能です。

貯まったTポイントは、もちろん、SBI証券で投資信託の購入に使うことができます。

まとめ

SBI証券で効率良く投資信託を増やす方法を解説しました。

SBI証券で効率良く投資信託の増やす為には
  • 三井住友カードでクレカ積み立てを行う
  • 投信マイレージポイントが高い銘柄を選ぶ
  • 公共料金等をリクルートカード払いにする

SBI証券で効率良く投資信託を増やし資産形成を加速させましょう。

口座開設はこちら(SBI証券


以上、参考になれば幸いです。