【インフラファンド】太陽光発電所の発電能力ランキング | ひろにの投資計画

【インフラファンド】太陽光発電所の発電能力ランキング

太陽光パネルインフラファンド

2021年2月現在、7銘柄のインフラファンド(インフラ投資法人)が上場しています。

保有する太陽光発電所は合計174か所になります。

これだけの太陽光発電所があれば、発電能力の低いものから高いものまで様々です。

どこの太陽光発電所の発電能力が高いのか。

その太陽光発電所を保有するインフラファンドはどれか。

ランキング形式で紹介します。

①保有発電所数1位は日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
②発電能力1位は松阪太陽光発電所(エネクス)
③2020年の発電効率1位はいちご山口佐山発電所(いちごグリーン)
スポンサーリンク

インフラファンドの保有する発電所数

各投資法人が所有する太陽光発電所の数とパネル出力の合計は以下の通りです。
(2021年2月現在)

パネル出力とは太陽光パネルの発電能力を示す数値で大きいほど多くの電気を発電できます。

タカラレーベン・インフラ投資法人

太陽光発電所数:38箇所
パネル出力の合計:131.0MW

いちごグリーンインフラ投資法人

太陽光発電所数:15か所
パネル出力の合計:29.4MW

日本再生可能エネルギー投資法人

太陽光発電所数:55か所
パネル出力の合計:109.2MW

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

太陽光発電所数:23か所
パネル出力の合計:123.1MW

東京インフラ・エネルギー投資法人

太陽光発電所数:11か所
パネル出力の合計:46.0MW

エネクス・インフラ投資法人

太陽光発電所数:7か所
パネル出力の合計:138.3MW

ジャパン・インフラ投資法人

太陽光発電所数:25か所
パネル出力の合計値:57.3MW

・所有する太陽光発電所数の1位は「日本再生可能エネルギー投資法人

・パネル出力の合計値の1位は「エネクス・インフラ投資法人

となります。

太陽光発電所の発電能力

太陽光発電所毎の発電能力の大きさを比較してみました。

ベスト3は以下の通りです。

順位太陽光発電所パネル出力保有する投資法人
1位松阪太陽光発電所98.0MWエネクス・インフラ投資法人
2位CS益城町発電所47.7MWカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
3位CS大山町発電所(A)(B) 27.3MWカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

松坂太陽光発電所がダントツの大きさを誇ります。

エネクス・インフラ投資法人は松坂太陽光発電所で全体の70%以上の発電能力を占めます。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人はCS益城町とCS大山町で投資法人全体の60%以上の発電能力を占めます。

投資法人の発電所を集約すると管理しやすくなり経費が少なくてすみます。

しかしながら、設備分散の効果が小さくなりますので、災害リスクが高くなると言えます。

インフラファンドの太陽光発電所の発電効率(2020年)

2020年1月~12月までの発電量が公開されている太陽光発電所141か所のうち太陽光パネル1MWあたりの発電量について調べてみました。

これにより効率良く発電している発電所がわかります。

順位太陽光発電所太陽光パネル1MW
あたりの発電量
保有する投資法人
1位いちご山口佐山ECO発電所1.36MWh/MWいちごグリーンインフラ投資法人
2位LS 藤岡B発電所1.31MWh/MWタカラレーベン・インフラ投資法人
3位JEN防府太陽光発電所1.31MWh/MWエネクス・インフラ投資法人
4位LS 広島三原発電所1.28MWh/MWタカラレーベン・インフラ投資法人
5位LS 藤岡A発電所1.27MWh/MWタカラレーベン・インフラ投資法人
6位CS 石狩新篠津村発電所1.26MWh/MWカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
7位LS 稲敷荒沼2発電所1.26MWh/MWタカラレーベン・インフラ投資法人
8位いちご豊川御津町佐脇浜ECO発電所1.25MWh/MWいちごグリーンインフラ投資法人
9位CS 美里町発電所1.25MWh/MWカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
10位いちご豊頃ECO発電所1.25MWh/MWいちごグリーンインフラ投資法人
※各インフラファンドが発表している毎月の発電量を合計して計算
※太陽光パネル1kWあたりの発電量=2020年の発電量の合計÷パネル出力

10か所中4か所がタカラレーベン・インフラ投資法人の発電所になります。

10か所中3か所がいちごグリーンインフラ投資法人の発電所になります。

これらの投資法人は効率の良い発電所を保有していると言えます。

効率の良い発電所は収益力も高くなります。

インフラ投資法人単位でも集計してみました。

順位インフラファンド太陽光パネル1MWあたりの発電量
1位いちごグリーンインフラ投資法人1.16MWh/MW
2位タカラレーベン・インフラ投資法人1.15MWh/MW
3位東京インフラ・エネルギー投資法人1.14MWh/MW
※各インフラファンドが発表している毎月の発電量をインフラファンド毎に集計して計算
※太陽光パネル1kWあたりの発電量=太陽光発電所すべての2020年の発電量の合計÷パネル出力

これらの投資法人は所有する太陽光発電所全体で効率の良い発電を行っていると言えます。

なお、ジャパン・インフラファンド投資法人の太陽光発電所については、2020年1月~2月の発電量データがないため比較対象から外れています。

ジャパン・インフラファンド投資法人の太陽光発電所についてはいくつか効率の良い発電所があり、データがそろうと順位が入れ替わるかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

太陽光発電所の発電量におけるインフラファンドの収益についての記事も書いています。
【インフラファンド】賃料スキームの比較

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ